大きさと価格|レンタカーを利用する|お得に車を活用できる方法

レンタカーを利用する|お得に車を活用できる方法

  1. ホーム
  2. 大きさと価格

大きさと価格

レディ

基本的にはサイズが大きいほど利用価格は上昇

レンタカーは利用する車種のサイズや排気量が大きいほど、利用料金は高くなる傾向にあります。また、例えば同じセダンタイプであっても、グレードによって利用料金は大幅に異なります。一般的な価格傾向ですと、最も利用料金が安いのは4人から5人乗りの小型車で、6時間で3000円から7000円程度です。次に利用料金が安いのはセダンタイプですが、6時間で5000円から30000円程度と、料金の幅は広いです。ファミリーなど5人から8人程度の人数にはミニバンタイプが適しており、セダンタイプよりも最低料金は高く、6時間で7000円から20000円程度です。仕事や引越で利用する事が多いバンやトラックはサイズの割には比較的安く、6時間で6000円から20000円程度となっています。

サービスの競争から価格の競争へ

レンタカー業が日本で始まったのは1950年頃だと言われており、創成期は事故やトラブルが多く、一旦は衰退してしまいました。しかし、1965年頃から大手自動車メーカーを母体としたレンタカー会社が業界に参入し、それが現在のレンタカーのスタイルに、直接繋がるものとなっています。1970年頃には、自動車メーカー以外の会社を母体としたレンタカー会社が業界に参入し始め、こういった会社では複数のメーカーの車を扱っています。またこの頃になると、多地域での店舗展開や営業時間に差を付けるなど、サービスの競争が激しくなってきました。そして2000年を過ぎると、格安のレンタカーがガソリンスタンドなどで運営されるようになりました。そして、さらに低価格のカーシェアリングと呼ばれるレンタカーの人気が高まって、現在は低価格競争が激しくなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加